JICA事業への協力

 日本政府が行う開発途上国支援のうち、技術協力と資金協力を独立行政法人国際協力機構(JICA)が中心に行っています。当センターは開設3年目から、障害とリハビリテーションに関係するJICAの技術協力事業に協力してきました。 当初は東南アジアを中心とした人材育成や技術向上への協力でしたが、近年は中南米やアフリカへの協力も行っています。これまでに協力した18の技術協力 のうち、主な協力をご紹介します。

  1. 補装具製作技術研修(集団研修) 実施期間:1981年~2010年
    Prosthetic and Orthotic TechniqueProsthetic and Orthotic Technique
  2. チリ国身体障害者リハビリテーションプロジェクト 実施期間:2000年~2005年
    Rehabilitation for Disabled People Project in the Republic of ChileRehabilitation for Disabled People Project in the Republic of Chile
  3. 中国中西部地区リハビリテーション人材養成プロジェクト 実施期間:2008年~2013年
    Project for Human Resource Development of Rehabilitation in the Central and Western Region in ChinaProject for Human Resource Development of Rehabilitation in the Central and Western Region in China
  4. ミャンマーリハビリテーション強化プロジェクト 実施期間:2008年~2013年
    Project on Strengthening of Rehabilitation n MyanmarProject on Strengthening of Rehabilitation n Myanmar

  5. ミャンマー社会福祉行政官育成(ろう者の社会参加促進)プロジェクト フェーズⅡ 実施期間:2011年~2014年
    Project for Supporting Social Welfare Administration –Promotion of the Social Participation of the Deaf Community Phase 2
  6. コロンビア地雷被災者を中心とした障害者統合リハビリテーション体制強化プロジェクト 実施期間:2008年~2012年
    Project for Strengthening the Integral Rehabilitation System for Persons with Disabilities, Especially for Victims of Landmines
  7. リビア義手義足支援 実施期間:2013年~2014年
    Rehabilitation Techniques (Prosthetic and Orthotic Techniques)